2015年03月06日

今年も被災地へのプレゼントを製作したよ! in 土佐市立戸波小学校(その1)

岩手県陸前高田市の小学生への贈り物を今年も作りましたよ!


s-13-mon.JPG s-12-hei.JPG

(学校への坂道を登ると「ようこそ戸波小」と書かれた白い校舎がみえ、元気な小学生たちの声が聞こえてきます)




4年目の今年も昨年に続いて「ハッピーシューピロー」の製作です。


5.6年生38名が今年もシューピロー作りに挑戦

これは岩手県陸前高田市の気仙小学校の全生徒に贈られます





ヒラオカ宝石の平岡さんが震災直後に被災地へ出向かれ

実際にその被害の大きさを目の当たりにして

ご自身の商材「パワーストーン」で何かできないか?と考え、

その志に共鳴するように集まった3事業者とヒラオカさんが

お互いに資材やアイデアを提供しています

aisatu-1.jpg


(平岡さんのあいさつで被災地への思いを真剣に聞く子供たち)

seito1-1.jpg


ハッピーシューピローとは・・・

土佐和紙の袋に、防虫・消臭効果のあるクスノキのモクメンを入れ、

パワーストーンをつないだ紐で結び、2個組にしたもの

(デザインアイデアは、各社の製品を良く知るココロクルム田原あけみ氏)



shoeskeeper-4-kusunoki01.jpg

(写真は戸田商行の「はなもくシューズキーパー」同じクスノキのモクメンが入っています)



靴に入れることで、くつのにおいや雑菌をとりながら、

「今日も無事に帰ってきたね!」というしるしにもなるグッズ。



そして作り手の小学生たちが選んだパワーストーンは

「いやし」や「健康」「愛情」「エネルギー」などのいわれがあるものです


4735fd5b02f4430b2c919ae70de085b0-867x1024.jpg


子供たちが学校に出かけ、玄関に吊るされているときは

「無事に帰ってきてね!」というお母さんの思いを反映するような

あたたかさを感じる天然素材の組み合わせです







ハッピーシューピローは以下の各社が協賛しています


hiraoka.jpg

ヒラオカ宝石(高知県須崎市の宝石店、WEBショップでパワーストーンを10年以上販売されている業界の名店)

toda.jpg

戸田商行(高知県土佐市で100%県産木材のパッキンの日本では2社しかない貴重な製造元)

tahara.jpg

こころくるむ(高知県土佐市で土佐和紙を使って雑貨製造や包装のアイデアを売り、講師もつとめる)




モリサ(高知県土佐市で土佐和紙の製造・加工・販売、ノウハウを生かした和紙袋が食品やコスメに使われている)


この記事についてのお問合せは土佐和紙のLadyRisa

またはヒラオカ宝石まで




posted by オーナロ at 15:00| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

2/21 和紙と暮らすお教室 by こころくるむ

cocorokurumu1502-1.jpg

2/21に行われた「和紙と暮らすお教室」のもようをレポート

2月は春を感じる水引の小梅飾りのミニ掛軸を作りました


このところ人気の高まっている水引にチャレンジしてみましょう!


2がつ-10.JPG


今回の参加者は2名、いずれも水引は少し習った程度というお二人です


2gatu-9.JPG


まずは基本中のキホン、水引をちょっとしごいて曲げていきます


2gatu-3.JPG


意外に難しいなぁ、などと言いながらも基本の技をマスター


ここをこうして・・・まじかで見ないとわからないくらいの小さな指先の動きをまねてゆきます



2gatu-7.JPG


そうそう・・・もう一回やったらうまくできますよ〜。 次は本番ですね!


2gatu-8.JPG



そして約90分後・・・おふたりともすっかり上手になって完成です〜〜!!



2gatu-1.JPG 2gatu-2.JPG

満足げな良い笑顔ですね〜



実は店長オーナロも昨年4月から、お隣は愛媛県四国中央市の水引教室に通っております

しかし、やっと3本束ねてこうしたあわじ結びや小梅などが出来るようになった程度

ほんとうに不器用ですね(涙)



それにしても今回参加されたおふたり、

1日でこんなにうまく出来あがるなんてすばらしいですね!




みなさんも次回は参加しませんか?

3月はお休みで、次回は4月の開催です

事前にブログやFacebookでご案内いたしますので

お友達を誘って、ぜひご参加ください。



========================


お問い合わせは 株式会社モリサ info@morisa.jp

TEL:088-852-1177




続きを読む
posted by オーナロ at 10:00| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 土佐和紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

2月の「和紙と暮らすお教室」

2015年から装いも新たになった
レディリサのレッスン「和紙と暮らすお教室」

土佐和紙の産地高知ならではの美しい和紙を使って、
インテリアになるミニ掛軸を作ります

この教室を一年間受講すると水引結びのスキルもUP!



2月は「早春を知らせる小梅飾り」を作ります

cocorokurumu1502-1.jpg



日時 : 2月21日(土) 13:30~約1時間 

場所 : 土佐和紙のLadyRisa店内

人数 : 5名様  

費用 :おひとり様2000円(材料費込)


お申込み期限: 2/20 17時まで

≪お申し込み方法≫

1)お電話(モリサ:088-852-1177)

2)LadyRisaのHP上のお問合せフォーム



いずれでもOKです

cocorokurumu1502-2.jpg

すでにお申込みもいただいておりますが、少し空きがありますので
お誘いあわせの上、お友達とお越しくださいね

ぽかぽか陽気な土佐の町を探索しながら
ドラゴン広場でお食事、そして和紙のお教室というのはいかがでしょう?

スタッフ一同、お待ちしています!

お問合せは info@ladyrisa.com
タグ:水引 掛軸
posted by オーナロ at 09:47| 高知 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

高知の花 展示商談会 in 東京2015 その2

高知県・高知県園芸連と大田花きなどからなる「東京丸高花き協議会」が主催する

「高知の花 展示商談会 in 東京 2015」のレポート(その2)です

hana-4.JPG

今回お花を扱う業者以外ではモリサ1社

片隅でちょこんと資材屋さんが店開きをした格好です


花束用の長尺和紙(20M巻)をはじめとして、鉢をまるごと入れられるりぼん付の巾着袋

チューブ状になった枝モノ袋など、和紙の質感を生かした数点に絞って展示しました



hana_ 2.JPG hana_ 1.JPG

(和紙の花束用紙)                    (枝モノを入れるチューブロール)


hana-24.JPG



(枝モノチューブロールは、手前に並ぶ4色のコンパクトなロールになっています)




高知の花は実に多彩

ユリだけを見ても直径30cmはありそうなカサブランカから7〜8cmの小さなユリまで・・・

これがとびっきり可愛い!その名も「ノーブル」

hana-10.JPG



hana-12.JPG


いま人気のダリアも、微妙なニュアンスのカラーがたくさん


hana-21.JPG


同じユリでもJA高知春野さんは凝った展示方法でした


hana-7.JPG

白や紫しか見たことがなかったのですが「スカビオサ」もこんなに多彩


hana-22.JPG



hana-6.JPG

ランやシンビジュームも、いろんな種類をいちどきに見られます

hana-14.JPG

半日の展示会でしたが満員御礼、熱いアツい時間でした

ちなみに打ち上げはモリサの森澤美智専務が、乾杯のあいさつをば・・・



hana-23.JPG

高知県人は打ち上げからが本気と言われております(笑)

これからが、また熱い数時間になったことは言うまでもなく・・・

(私もラッスンゴレライやり過ぎて、翌日声がつぶれていました。猛反省)




この後、いくつかの市場、花屋さんから引き合いをいただきました

今後とも高知の花だけでなく、高知の紙もご愛用ください!



最後にお声掛けをいただきました東京丸高花き協議会のみなさま


そして会場にいらっしゃったお客さま ありがとうございました







posted by オーナロ at 10:00| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

高知の花 展示商談会 in 東京2015

かねてよりお知らせしておりました

「高知の花 展示商談会 in 東京2015」

の様子を、2回に分けてレポートいたします

hana-20.JPG


2015年1月26日(月)に品川グースで行われた同展示会

花の展示会に、紙のモリサも初出展いたしました

(龍馬もお出迎え!)


hana-17.JPG

(入り口から高知の花のタワーです)


これは高知県や高知県園芸連と国内最大の花き市場である

大田花きなどが中心となった「東京丸高花き協議会」などが主催するもので、

高知県内のJAや地域団体、個人農園なども参加する花の大展示会




かねてより農業分野や六次産品の包装資材の販路を探していたモリサに

「出展してみては?」と高知県からお声掛けいただきました



hana-13.JPG


各生産者やJA、私たち出展者は当日の朝から会場で準備

お花は生き物ですから、1月というのに暖房はNGです

しかしバタバタと忙しく動き回っていると寒さなど感じませんでした



その準備が終わったころ、なんと!草月流のお家元 勅使河原 茜 師 監修

すばらしい生け花がホール入口に出来上がっておりました



天井にまで届きそうな大きな作品

枯れ木を何本も配して、高知県が生産量No.1を誇る「グロリオサ」が数百本・・・

展示会が終われば片付けられるたった半日のいのちですが、

訪れる多くの人たちに感動を与えていました



hana-15.JPG


モリサの地元・土佐市は日本でも有数のオリエンタルユリの産地です

和紙と同じように、仁淀川の清流によって運ばれた栄養豊富な土質

年間を通して豊富な水量の水など、大地と川のめぐみに支えられています


hana-3.JPG


JA土佐市のナイスガイ・山本氏と山西氏

そもそも、商売とは何の関係もなく、

私がお花好きという動機だけで飛び込んだ農業体験講座に

この2人が懇切丁寧にユリ市場のスケールの大きさや農業経営の難しさ

何よりも土佐市のユリがどんだけすごいか!を教えてくれた

そんな結びつきが、この日の出展を可能にしてくれたのです(涙)

hana-19.JPG


評価の高いカサブランカをはじめとするオリエンタルゆり

土佐市の中でも「JA 高石」と一地域の名前をつけて都会の市場に出荷されています


グロリオサ、オリエンタルユリ、高知県はほかにもいろいろな花の産地です

つづきは次回・・・













posted by オーナロ at 10:00| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

高知の花 展示商談会 in 東京 2015 に出展いたします

img123-s.jpg

2015年1月26日(月) TKPガーデンシティ品川で行われる

「高知の花」展示商談会 in 東京 2015

お花の包装用紙のメーカーとして初めて出展することになりました


美味しい野菜の産地として名をはせる高知県ですが

じつは、さまざまなお花の産地としても有名なんです

11987451410s.jpg 12010727870s.jpg 11987451090s.jpg

特にここ土佐市はオリエンタルリリーの産地として、日本でも有数の生産地

(写真はJAとさし高石支所WEBサイトより引用いたしました)




そして、高知市三里地区の「グロリオサ」も日本一の産地として有名です


kumon32-2-thumb-600xauto-81.jpg 12211813771s.jpg

グロリオサ?名前だけ聞くと???ですが、その姿を見ると!!

花束の名わき役としてかかせないこの姿はご存じですね?

そして「ミサトレッド」という地名の入った品種(右)もあります

(写真はJA高知市三里園芸部から引用しました)



さらには、高知県東部の安芸市にはブルースターの大産地が・・・

12621400941s.jpg  11720170270s.jpg

ブルースター・・・その名の通りロマンチックな姿とふわっとした感触、かれんな色あい

主役ではないけれど、ウェディングにはかかせない可愛いお花ですね

(写真はJA土佐あきブルースター部会から引用しました)





ほかにもたくさんの花と出会える、魅力いっぱいの高知県の花の展示会です



初めて出展する私たちも少し、ドキドキ・・・

どんなお花に対面できますやら

そしてどんなお花屋さん・市場の方々、デザイナー、華道家の先生に

巡り合うことができますでしょうか???楽しみ・楽しみ




このブログを読んで下さっている関東のお花屋さん、ぜひお越し下さい!

招待状が必要な場合は、モリサまでご連絡ください

招待状の締め切りは・・・1月23日(金)まで

088-852-1177 (株式会社モリサ 花の展示会担当まで)



posted by オーナロ at 10:16| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

年末年始のお土産には・・・

今年もモリサ土佐和紙のLadyRisaをご愛顧いただき有難うございました

おかげさまで一年無事に和紙製品をお手元に届けることができました




さて、年末年始にはそれぞれのご実家へお帰りになるという方も多いのではないでしょうか?

東京からの手土産には、葛飾の手焼きおせんべいはいかがでしょう


1_000000000069.jpg

こたつを囲んで家族だんらん

ポリポリとおせんべいを食べながら、はずむ話は一年のできごと・・・

そんなお茶の時間のお共におすすめなのが、富士見堂の「東京日和」



富士見堂さんは葛飾区青砥にある、伝統的な江戸の手焼きおせんべいのお店



関西ではこのタイプのおせんべいを「おかき」と言って、

小麦粉などで作った「おせんべい」と区別していますね

高知も関西文化圏なので「おかき」と言います・・・(余談ですが)



なんと便利な東京駅地下のグランスタや、ソラマチなどにも出店されています


この、カゴに入った粋な姿は江戸らしい風情ですが、

周りに掛けた「掛け紙」には、土佐和紙(麻の葉/抄合)をお使いいただいております



東京からの帰省にはぜひとも「東京日和」を

食いしん坊の店長もおすすめのおいしさです




この紙についてのお問合せは 土佐和紙のLadyRisa へ







posted by オーナロ at 09:00| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ここで使われています! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月25日

土佐文旦のきんちゃく袋

hitotema500.jpg



土佐文旦といえば、ネットで10年以上販売されている白木果樹園さま


名生産者・名店として有名です



先日のYahoo ニュースで取り上げられた「土佐和紙のきんちゃく袋」をお使いいただいております




文旦は5キロや10キロといった

大きな箱入りで贈答品として出荷されることが多く

お届けした先でおすそ分けされたりすることの多い果実




その宝石のように透き通った果実のおいしさ、

部屋中に広がる文旦のさわやかな香りのよさは

あらゆる果実の中でも群をぬいた「高知県の名産品」




特に有名なのがここ土佐市の文旦(ぶんたん)です

土佐市の文旦農家である白木果樹園さまが

同じ土佐市なのだから土佐和紙を使った包装をしたい・・・

とお声掛けくださって実現しました



このきんちゃく袋は、高級文旦の中でも

特に選ばれた「特選果実」のパッケージを検討されていた白木様とモリサ

ラッピングコーディネータのココロクルム田原あけみ氏とで

アイデアを出し合い実現したものです



特選果実だからゴージャスに包装する、という単純な理由ではなく

相乗効果のある包装はできないか・・・と模索中に

そうだ!個々の保護だけでなく「おすそわけ袋」にも使える袋にしよう!


でもそれだけでは過剰包装にならないか???


う~む・・・う~む・・・と沈黙が続いたあと



そうそう!地元の人たち(私たち)は

あの香りのいい文旦の皮を捨てずにお風呂に入れて

いい香りを楽しむよね~ 



ん? そうだ!

皮を入れてお風呂につけても大丈夫な袋にすれば

一石二鳥、

袋も最後は捨ててもらえばいいし、最後まで無駄がないね!




そこから素材をえらび、デザインを選び、大きさを調整して

出来上がったのが白木果樹園の特製・文旦きんちゃく袋です




もう3年目になりますが、

こうしてyahooニュースで好評と報じられる製品になったことは

私たちの2014年の大きなニュースにもなりました


白木果樹園さま、ありがとうございます!



生産者の思いをお客様に伝え、

ますます繁盛する手助けになるような・・・

そんな効果的な包装を土佐和紙の技術で実現するのが私たちの使命です




このような特注ふくろのお問合せは土佐和紙のLadyRisa









posted by オーナロ at 11:20| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ここで使われています! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

年末年始の営業について

cocorokurumu140705.jpg

(写真・和紙造形:cocoro*kurumu 田原あけみ)



2014年もあわただしく過ぎ去ろうとしております

年内いっぱいみなさまのご注文にお応えしていく心意気の土佐和紙のLadyRisaですが・・・

年末年始のスケジュールをお伝えいたします



12月20日 午前中 ほっこり高岡まちあるき

        午後  12月の和紙のラッピング教室 (クリスマスプレゼントを包むレッスン)

             ※若干の空きがございます 
12月23日 休業

12月26日 営業・発送最終日

12月27日 仕事納め(掃除等で営業はおこないません)



12/28 <======> 1/4 冬期休暇



2015年1月5日 仕事始め



このようなスケジュールです

製造・出荷はたいへん混みあってまいりましたので
お早目のご注文・お問合せをお願い申し上げます

和紙のご用命は土佐和紙のLadyRisa






タグ:モリサ
posted by オーナロ at 09:00| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

今年のクリスマスはシュトーレンで!

11111123_5461733f0f130_2.jpg

2014年も残り少なくなり、冬本番のお天気になりました

高知県も雪がちらついているほど、全国的に大寒波に見舞われていますね

皆様の地域ではいかがですか?

どうぞ雪道の往来や急激な寒さのなか、お体にはお気をつけて!




さて雪といえば「ホワイト・クリスマス」

高知ではめったにありませんが、クリスマスの夜に雪がふるのはロマンチックですね・・・




今年のクリスマスのご用意はできていますか?

クリスマスの焼き菓子「シュトーレン」は、すっかり日本でも定番になりました




フランスの名店ジョエル・ロブションのパン屋さんLE PAIN de Joel Robuchon

今年のシュトーレンは和紙の包装紙に包まれています

淡雪のようにも見えるしなやかな和紙、これもモリサの土佐和紙です




まだシュトーレンを食べたことがない、という方も

毎年買っています、という方も 

和三盆でコーティングされた絶妙なおいしさをぜひどうぞ!



この和紙についてのお問合せは土佐和紙のLadyRisa






posted by オーナロ at 11:21| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ここで使われています! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。