2015年11月09日

NHK『美の壷』障子編〜彩障子

『美の壷』(びのつぼ)は、NHKで放送されている

暮らしの中にあるさまざまな『美』を紹介する新感覚の美術番組


その『障子 和の光と暮らす』編で弊社の紙が使われました



美の壷1.JPG



草刈正雄さんの後ろのつい立のようなもの

これが大阪市の種村建具木工所が作られている『彩り障子』(いろどりしょうじ)

ランダムな木の組み合わせの技

雑妙な色合いとモリサの落水和紙の組み合わせが斬新です




日本の内装の技のなかでも

障子や組子細工といった繊細で高度なものを新しい感覚で作られる

種村建具木工所様の独特の世界観 すばらしいですね




美の壷2.JPG


※わたくしの下手な写真よりも種村建具木工所様のWEBページを

ご覧いただいた方がよいかも・・・

(TVをみながらあわてて撮った写真ですのでお許し下さい)





店長個人としては・・・

『汚れた英雄』や『プロハンター』(毎週欠かさず見ていました)

そして最近ではマキタの「草刈りだ〜!」というCMで大好きな草刈さんと

嫁に出した子供のようなモリサの和紙が共演!!

というのがもっとも感慨深い・・・



長くやっていると良い事ってあるものですね〜



もし、またまた再放送があれば、みなさんもぜひご覧になってくださいね

そして今回取り上げていただくきっかけになった

素晴らしいものづくりを実践されている種村建具木工所様、ありがとうございます



posted by オーナロ at 09:29| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ここで使われています! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

日本の手しごとで作られる逸品を販売する「手しごと本舗」



日本の手仕事による品を厳選して販売している人気のWEBショップ

次世代の子供たちに伝えたい「作り手の顔が見える」「安全で安心なお品」と聞けば、

のぞいてみたくなりますね



なかでも店長おかざきさんもご愛用という「富士山グラス」は

ウィスキーが大好きなお父さんやご主人への贈りものにピッタリです

fujisanglass.jpg



それに「安心して下さい!」手しごと本舗ではギフトにもご対応

きれいに和紙で包んで、送ってくださいます



teshigotohompo.jpg



わぁ〜すてき!

なんともいえぬ落ち着いた色の組み合わせが「江戸の粋」

お父さん・御主人のよろこぶ顔が目に浮かびますね




ここで使っていただいているのが、土佐和紙のLadyRisaで新発売の



80p幅×10M巻


asanoharoll.jpg


実は手しごと本舗の店長おかざきさんが、この紙を気に入っていただき

当初は平判紙(約79cm×55cm)しかなかったものを

ぜひ、小巻ロールに!というご要望をいただき生まれた商品です



おかざきさん、ありがとうございます!

そして手しごと本舗の益々のご繁盛をお祈り申し上げます




「手しごと本舗」の仕事の現場から生まれた新商品

ぜひみなさんも使ってみてください

いろんな色や柄をこれから順番にご紹介していきますね










posted by オーナロ at 17:12| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ここで使われています! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

「繊維が織りなす やわらかな光」とは・・・

NHKの「美の壷」で、「障子〜和の光と暮らす」という放送がありました

真夏のきびしい日差しもやわらいで

日光が恋しくなる季節がやってきましたね


IMG_7197.JPG



お部屋の中でも「日差しを上手に取り込んで暮らす」

日本の昔からの知恵というものに、あらためて焦点をあてた内容でした




「障子」・・・外からの日差しはやわらかな光に変えて

建物のなかは「紙の白い色で明るくする」というしつらえ

自然と生きる和の建築の素晴らしさに気づかされました



syoji.jpg




すっかり身の回りから姿を消しつつある障子

みなさんのお宅にはまだありますか?




残念ながら、わが家も障子のある和室は1室だけ

それも1年に1回、障子紙を貼りかえる程度ですが

替えると部屋の光が一新されたようで、心がぴんと姿勢を正します



harituke3.jpg




さて、マンションではすっかり障子の和室が姿を消し

新築住宅でも障子の部屋は減っているこの頃ですが

紙を通したやわらかな光の良さをサッシ窓でも再現してみませんか



waseal.jpg



和紙の製造メーカーのモリサが

和紙をガラスに貼れるよう改良したものがワシール



日本建築のお部屋にぴったり溶け込むのはいうまでもなく

モダンな新築住宅にも合うようにシンプルな無柄も用意しています


img21.jpg img22.jpg img23.jpg



機械漉きで「落水紙」を抄くモリサの得意技

水を落として柄をつける「落水(らくすい)の柄」は

光を通してみると実に美しく、そして目に優しく、心が落ち着きます



ひかり.jpg


そろそろ秋のしつらえ、いかがでしょう?







ラベル:美の壷 NHK
posted by オーナロ at 14:45| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 土佐和紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

テレビ朝日『おかずのクッキング』に掲載されました

『おかずのクッキング』といえばテレビ朝日系で放送されている料理番組ですね

ー見るだけで料理上手ー

ふむふむ。。。分かりやすい説明で、おいしくてヘルシーな料理が私でも作れそう!


okazunocooking1.jpg



あの土井善晴先生ほか有名な料理の先生方が名を連ねています


記念すべき200号


この雑誌にモリサの和紙が使われました


okazunocooking2.jpg



92ページの青江覚峰先生が指南する理想の和食

おいしそうですね!作り方は本誌をどうぞ!


お皿の下でひっそりとたたずんでいるのはモリサの『網目レース』


網目-00白.jpg



そして、もう一か所94ページの舞茸の炊込みご飯、秋らしいですね

「きのこを干す」というところに納得!絶対おいしいでしょ!


私もよくえのき茸を干して使うのですが、

お味噌汁や酢ものの味わいが倍増しますよ!


okazunocooking3.jpg


このお茶碗の下にたたずむのがモリサの和紙

器や舞茸の食材にマッチしているように思いませんか?

これはモリサの『市松落水レース』という柄

市松落水-180木綿.jpg


これらの柄は紙を漉くときに、水を落として柄をつけるという

日本古来の秘伝の技

水が豊富な場所でないと出来るものではありません




モリサの工場のすぐ脇には清流・仁淀川の堤防

この工場の地下にも大量の伏流水が流れているのです


niyodo-4136.jpg


さて、肝心のお料理ですが・・・

ただ今絶賛販売中の「おかずのクッキング200号」(540円)

ぜひお近くの書店やスーパーの雑誌コーナーなどでお買い求めください





※200号という事で豪華特別企画・プレゼントが盛りだくさん











posted by オーナロ at 09:50| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ここで使われています! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

インテリアライフ2015に出展いたします

ILT2015_E-card_j_b.gif

ことしも6月10日~12日に東京ビッグサイトで行われるインテリアライフスタイル2015に出展します




昨年に引き続き高知の異業種グループ5社

(新しく穂岐山刃物様が加入されました)で

HYBRID-Kochi.jpというグループ名=テーマをかかげての出展です



西1ホール241「高知県産業振興センター」の

サイト半分をこのグループでデザインを統一化して演出


5社のコラボギフト商品も発表します


ぜひお楽しみになさってください!!




弊社のお取引先でご来場希望のみなさま

ご希望の方には招待状を送ります


ご連絡ください


TEL 088-8252-1177

info@morisa.jp


※インテリアライフスタイルは一般の方は来場できませんので
ご了承ください






posted by オーナロ at 11:06| 高知 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

お店の老朽化でご迷惑をおかけします

日ごろは土佐和紙のLadyRisaをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

モリサ第二工場の古い社屋で営業してきたレディリサですが、

建物の老朽化で一部危険な箇所があり、お客様の立ち入りが出来なくなりました。



長く親しまれてきた、なかなか味わいのある建物だったのですが

突然のお別れです・・・スタッフも少しさみしい思いをしております。


mise.JPG



新店舗が出来るまでの間は

となりの社屋の一室で、営業を再開する予定ではございますが、

3/20よりしばらくの間、引っ越し作業となり、お客様の受け入れができません。

まことにご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解下さいます様お願い申し上げます。



machi.JPG


また「高岡まちあるき」のはし袋作りの場所になっておりますが、

この間の受け入れが出来なくなり、

楽しみにしておられる方にはほんとうに申し訳ございません。



再開までの一定期間は、ルートの変更などがあるかもしれませんが、

「まちあるき」スタッフに詳細をお問い合わせください。



お店の再開は4月末を予定しております。

その時には事前にお知らせいたしますので今後ともよろしくお願い申し上げます。




【レディリサ店舗ご利用のお客様へお知らせ】

休業中は、指定商品のモリサ事務所での受け渡しとなります。



自由にお買い物を楽しんでいただくことはできませんが、

ご希望の商品が決まっておりましたら、従来通りご用意いたします。



事前にご連絡いただきましたら希望日時に引取り出来るようにいたします。

ご不便をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。


モリサ TEL :088-852-1177

モリサ 住所:土佐市高岡町丙570-2



posted by オーナロ at 10:14| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

高知新聞に「シューピロー」の記事が掲載されました

kochishinbun-shoepillow.jpg

先日の土佐市立戸波小学校でのシューピロー作りが高知新聞に掲載されました!



子供たちのうれしそうな顔を見ると「楽しんでくれたのだなぁ」と

私たちもウキウキした気分になります



4月になってこのシューピローを受け取って下さる

岩手県陸前高田市気仙小学校のみなさんも

笑顔になってくれたら、私たちもHAPPYになります



こどもの笑顔は地域の元気につながります

4年目になりましたが、これからもハッピーシューピローの活動を続けたいですね!



ハッピーシューピロー活動についてのお問合せはヒラオカ宝石様まで

posted by オーナロ at 09:00| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 土佐和紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

気仙小学校へ贈るシューピロー♪高知新聞に載ったよ

高新20150309.JPG

3月6日に土佐市立戸波小学校の5〜6年生が取り組んでくれた

ハッピーシューピロー作りが、3月9日(月)付けの高知新聞に掲載されました



これは2012年からヒラオカ宝石モリサがコラボして

被災地の子供たちに笑顔を!と始めたものが

今は戸田商行こころくるむの4事業者が協賛で行っているもの



この時の様子は土佐和紙のLadyRisa店長日記に詳しく載っています

子供たちの笑顔がとってもいいですね!
高知新聞 土佐支局 五十嵐記者、ありがとうございました


posted by オーナロ at 17:17| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 土佐和紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

ココロ贈る祝儀袋

m_ 2.JPG



3月6日夜に放送された『未来シアター』で




広げるとハートになったり、さくらの花になったりと、

可愛いご祝儀袋が紹介されました。



m-5.JPG m-4.JPG


左のご祝儀袋を広げると、右のようなハート形になっているのです。



m-3.JPG



若き文具クリエーター阿部ダイキさんの目に留まったのが、土佐和紙。


その一部にモリサの和紙が使われています。



BeaHouseのWEBサイト『ココロ贈る祝儀袋』のページにもあるように


和紙を漉くときに水を落として模様を描く

落水(らくすい)の手法を使った抄き合わせ紙や

化繊を織り交ぜて紙質を強化した不織布

(といっても、原料が違うだけで製造工程は和紙と同じです)



これらが帯として採用され、ハート形の可愛い水引を

際立たせるデザインになっています。


ステキですね〜!!


ちなみに『未来シアター』のTVクルーはモリサまで追跡取材に来られ・・・

モリサの森澤 美智(もりさわみち)専務も、打合せの模様で映りました!!


m_ 1.JPG




みなさん、どこかのお店でこの金封を見かけたら

手に取って「土佐和紙も使われているんだよ!」と

お友達にちょこっと教えてあげてください!



高知のお店で見られる日はもうすぐかな・・・

心待ちにしている店長オーナロでございました。


この商品のお問合せは BeaHouse まで。




posted by オーナロ at 09:56| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ここで使われています! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

今年も被災地へのプレゼントを製作したよ! in 土佐市立戸波小学校(その2)



seito1-1.jpg


2015年3月、来週にはあの東日本大震災から4年目となります

今年も被災地の岩手県陸前高田市の気仙小学校のみんなへ贈る

ハッピーシューピローを土佐市立戸波小学校の5〜6年生が作ります



mokumen1-1.jpg



戸田商行さんが高知県のクスノキを削ってできたモクメンの説明をしてくださいました

戸田さんの2人のお嬢さんも、この学校の卒業生で

今も学校での「読みきかせ」などの父兄活動を熱心に行っています



cocoro1-1.jpg


ココロクルムの田原さんが、子供たちにわかりやすく作り方の説明をしています

彼女も同じ土佐市の小学校に4人の子供を通わせた母親でもあります

子供たちにはお母さん目線で接していますね


cocoro3-1.jpg

cocoro2-1.jpg
  

(2回目となった今年は地元新聞社やケーブルTVの取材が。みんなの笑顔がTVで見られるね!!)


cocoro4-1.jpg


作り方が分かった生徒たち、それぞれインスピレーションでパワーストーンを選びます


zyunbi1-1.jpg


3月とはいえ、小雨のふる肌寒いなか、子供はさすがに元気!半袖の子もいます!えらい。


zyunbi2-1.jpg



女子はカラーや石の意味を慎重に考えて選んでいます、さすが女の子だなぁ・・・

seisaku1.JPG





そして一生懸命ひもにパワーストーンを通し、シューピローを作る子供たち。真剣なまなざしです。


s-7.JPG


最後には先生方も楽しんで!わいわい、ガヤガヤとなりました(笑)


saigo1.JPG s-9.JPG

さあ、みんな2つづつ作って出来上がり!

和紙のカードに子供たちの手書きメッセージを書いて、気仙小学校の全校生徒に贈ります。




最後に平岡さんから「みなさん楽しんで作れましたか?」とのご挨拶

「みなさんが少しでも被災地に心を寄せてくれるきっかけになればうれしい。

必ず新学期には気仙小学校に届けます」という言葉に耳を傾ける子供たち


 saigo2.JPG

ハッピーシューピローのメンバーも心なしか満足顔

戸波小学校の校長先生も全面的にご協力いただき、本当にありがとうございました!











posted by オーナロ at 15:10| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。