2008年03月19日

室戸市ラッピング教室

今年の安芸地区ラッピング教室が行われたのは室戸市。

100Km以上約2時間半をひた走り、初めて訪れる室戸市「やすらぎ」。

とてもきれいな保健施設でした。

ここにお集まりくださる予定は10名。
お彼岸の忙しい時期ということもあって欠席者もありましたが、
滞りなく基本のラッピング・風呂敷・色の勉強をすることができました。


 M-wrapping2.JPG

M-wrapping1.JPG

ラッピング教室が終わって室戸岬まで回り景色を見ながら帰ってきました。
室戸岬の突端から東へ1〜2Kmの自然林の美しさといったら、
県内ほかに例がないほどです。

手のつけられていない亜熱帯に近い植生に、風の強い気候。
それが自然の刈り込みのようになってきれいに山容を装飾しています。

(室戸から岬へと55号線を南下する途中)とても面白い家を発見。
どうも塾らしいのですが、著作権とか、もうまったく関係なく、
面白ければいいじゃん!という感じの家を見つけました。

muroto-house.JPG

ピカチュウとドラえもんですよ!子供にとっては嬉しいですね。

kuromi-beach.JPG

途中「きらめっせ」という道の駅にたちより、きれいな海岸線を眺めました。
さすがは室戸の海。
お天気は下り坂でしたが、あくまでも穏やかに、そして美しい海でした。

またご当地(黒耳=くろみと読みます)特産のびわ畑には、
びわに袋がかけられてまるで花が咲いたように山がはなやいでました。

kuromi-biwa.JPG

室戸市の地形は地理でもならう有名な「海岸段丘」。
せまりくる山が海岸でストンと落ちるようになっています。

海の幸も山の幸も豊富で、自然は美しい。

住んでうれしい訪れて楽しい、そんな高知の代表的な場所ではないでしょうか?
もう少し交通の便がよくなれば・・・
すっかり夜の帳が降りたころに高知市内に到着した私は実感しましたよ。

室戸市の皆様、ラッピング教室へのご参加、本当にありがとうございました。

ラッピング講習のお問い合わせは土佐和紙のLadyRisaまで。


posted by オーナロ at 11:20| 高知 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 和紙ラッピング&クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
>ラッピング教室
 俺も、ラップやりたいなあ♪
 イェイ!
なんてね

室戸まだ行った事ないです
Posted by 加藤忠宏 at 2008年03月22日 19:50
加藤先生にはラップ似合う??
今はジェロで演歌復活してますから、
無理しなくても・・・

室戸一度行って見てください。

高知市内から2時間少しかかりますが、
景色もいいし、さかなもおいしい!!

ウトコ(http://www.utocods.co.jp/
でいやされるのもいいですよ〜
Posted by 店長オーナロ at 2008年03月24日 09:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90113002
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック