2015年09月17日

「繊維が織りなす やわらかな光」とは・・・

NHKの「美の壷」で、「障子〜和の光と暮らす」という放送がありました

真夏のきびしい日差しもやわらいで

日光が恋しくなる季節がやってきましたね


IMG_7197.JPG



お部屋の中でも「日差しを上手に取り込んで暮らす」

日本の昔からの知恵というものに、あらためて焦点をあてた内容でした




「障子」・・・外からの日差しはやわらかな光に変えて

建物のなかは「紙の白い色で明るくする」というしつらえ

自然と生きる和の建築の素晴らしさに気づかされました



syoji.jpg




すっかり身の回りから姿を消しつつある障子

みなさんのお宅にはまだありますか?




残念ながら、わが家も障子のある和室は1室だけ

それも1年に1回、障子紙を貼りかえる程度ですが

替えると部屋の光が一新されたようで、心がぴんと姿勢を正します



harituke3.jpg




さて、マンションではすっかり障子の和室が姿を消し

新築住宅でも障子の部屋は減っているこの頃ですが

紙を通したやわらかな光の良さをサッシ窓でも再現してみませんか



waseal.jpg



和紙の製造メーカーのモリサが

和紙をガラスに貼れるよう改良したものがワシール



日本建築のお部屋にぴったり溶け込むのはいうまでもなく

モダンな新築住宅にも合うようにシンプルな無柄も用意しています


img21.jpg img22.jpg img23.jpg



機械漉きで「落水紙」を抄くモリサの得意技

水を落として柄をつける「落水(らくすい)の柄」は

光を通してみると実に美しく、そして目に優しく、心が落ち着きます



ひかり.jpg


そろそろ秋のしつらえ、いかがでしょう?







ラベル:美の壷 NHK
posted by オーナロ at 14:45| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 土佐和紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック