2014年12月25日

土佐文旦のきんちゃく袋

hitotema500.jpg



土佐文旦といえば、ネットで10年以上販売されている白木果樹園さま


名生産者・名店として有名です



先日のYahoo ニュースで取り上げられた「土佐和紙のきんちゃく袋」をお使いいただいております




文旦は5キロや10キロといった

大きな箱入りで贈答品として出荷されることが多く

お届けした先でおすそ分けされたりすることの多い果実




その宝石のように透き通った果実のおいしさ、

部屋中に広がる文旦のさわやかな香りのよさは

あらゆる果実の中でも群をぬいた「高知県の名産品」




特に有名なのがここ土佐市の文旦(ぶんたん)です

土佐市の文旦農家である白木果樹園さまが

同じ土佐市なのだから土佐和紙を使った包装をしたい・・・

とお声掛けくださって実現しました



このきんちゃく袋は、高級文旦の中でも

特に選ばれた「特選果実」のパッケージを検討されていた白木様とモリサ

ラッピングコーディネータのココロクルム田原あけみ氏とで

アイデアを出し合い実現したものです



特選果実だからゴージャスに包装する、という単純な理由ではなく

相乗効果のある包装はできないか・・・と模索中に

そうだ!個々の保護だけでなく「おすそわけ袋」にも使える袋にしよう!


でもそれだけでは過剰包装にならないか???


う~む・・・う~む・・・と沈黙が続いたあと



そうそう!地元の人たち(私たち)は

あの香りのいい文旦の皮を捨てずにお風呂に入れて

いい香りを楽しむよね~ 



ん? そうだ!

皮を入れてお風呂につけても大丈夫な袋にすれば

一石二鳥、

袋も最後は捨ててもらえばいいし、最後まで無駄がないね!




そこから素材をえらび、デザインを選び、大きさを調整して

出来上がったのが白木果樹園の特製・文旦きんちゃく袋です




もう3年目になりますが、

こうしてyahooニュースで好評と報じられる製品になったことは

私たちの2014年の大きなニュースにもなりました


白木果樹園さま、ありがとうございます!



生産者の思いをお客様に伝え、

ますます繁盛する手助けになるような・・・

そんな効果的な包装を土佐和紙の技術で実現するのが私たちの使命です




このような特注ふくろのお問合せは土佐和紙のLadyRisa









posted by オーナロ at 11:20| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ここで使われています! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411238353
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック