2013年03月11日

モバックショウ2013に出展しました

m18.JPG

2013年3月6日〜3月9日にインテックス大阪で行われた『MOBACショー2013』に出展いたしました



MOBACショーとは、正式名が国際製菓製パン関連産業展という名前で、
文字通りお菓子やパンに関連するさまざまな業者が出展しているもので、
2年に一度東京・大阪で行われています



モリサは3回目の出展ですが、いままで沢山のお菓子屋さんやパン屋さんに
お立ち寄りいただき、お使いいただくことになりました



今年は新しいカタログ『ふくろつつみ agriculture products』に沿って、
農産品や加工品をつつむ包装紙やふくろを展示いたしました



m8.JPG



そうです、ジャムのおいしそうな表情をそっと後押ししているのが「和紙のかぶせ紙」

最初から丸型になっているのがミソ

そしてたくさんの色あいと素材感が揃うのも、和紙製造業のモリサの得意技です




m13.JPG



どこにでもある売場の景色、実はこの果実をつつむ紙も和紙です

すでに全国のたくさんの売場でご採用いただいています



m9.JPG



お茶やあめ、焼き菓子など、ワンコイン程度で買える食品を見せる

1000枚からオリジナル袋が作れますよ!

ここにもモリサの和紙の袋が使われています



m2.JPG



かわいいミニ果実や野菜のボックス

小割に使っているのが和紙の小皿で、果物をやさしく守っているのが木毛(モクメン)です

昔はりんごなどの木箱に入っていましたね

もう日本でも数社しか製造していないようですが、モリサと同じ高知県土佐市の戸田商行が製造しています



m5.JPG



木毛(モクメン)には12色ものカラーバリエーションがあるそうですが、

いずれも食紅を使って染色されていて食品に直接触れても安心・安全とのこと

95%は高知県産木材(端材や間伐材)を使っていて、エコの面からもまた見直されています




m4.JPG



これはモリサのあたらしい『切って使うロール状の袋』

主に枝モノなどの花屋さんで使われていますが、今回はお菓子やパンのお店からも

「これは便利ですね〜」という声が寄せられました

もちろんショップシーラーで閉める事ができます




m3.JPG



高級果物や加工食品に和紙のラベルはいかがでしょう

いままでフリーカット(A4サイズ)でご提供していた和紙シールの中で

人気のある楮(こうぞ)、がんぴ、金銀にプレカットラベルができました




m11.JPG



しょうが王国高知には、いろんなジンジャーエールがありますが、

店長のおススメは、はるのハーベストのジンジャーエール

こうして和紙の見える袋にいれると何だかもらってうれしい表情にかわりますね!


m1.JPG


「あ、これ新聞でみました!」というお客様もいらっしゃいました



日本が世界に誇る「プチプチ」とモリサの和紙のコラボ企画「風和風和」

プチプチだから衝撃に強いんです

和紙だからプレゼントに最適です


今までありそうでなかった袋、発売中です




m16.JPG



このように今回は戸田商行さんの木毛(モクメン)も一緒にコラボ出展して

お客様の反応もたいへん勉強になりました

ご来場いただきました皆様ありがとうございました





この展示物や新しいカタログについてのお問合せは土佐和紙のLadyRisa

またはモリサ(088-852-1177)までお問合せ下さい






posted by オーナロ at 00:10| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。