2006年08月07日

SFIGF3日目−その3

2006年8月7日ーその3−
サンフランシスコからベイブリッジを渡り、Yoko邸のあるバークレーへ。


湾岸に程近い地域は、IKEAやでっかいショッピングセンターがあり、街気分。

BARTと平行しながらどんどん奥へ進んで行くと、住宅街。
奥へ行くほど家の規模が大きくなる。
噂に聞いたとおり、豪邸だらけの丘陵地帯だ。

日本にたとえれば芦屋か、なぁ。

BERKELEY.jpg

思わず「うわ!ホテルカリフォルニア」(まったく70年代の申し子だな)と叫んでしまったのが、
The Claremont Resort&Spa
すごくゴージャスなバカンスが過ごせそうだ。今度は絶対ここに泊まりたいな。

などと考えながら、車窓の景色に目移り。



白い洋館(当然)のLEWIS邸につくと、自動シャッターの車庫が開いた。
並んだ車は、メルセデスとポルシェとVW。
2人暮らしで3台か・・・うぅむ、セレブ感いっぱい。



荷物を置いて、夕飯の買い物にバークレーのダウンタウンに出る。
バイヤーが来ていた「Elephant Pharmacy」に寄る。

ドラッグは日本もアメリカも面白い。思わず長い滞在をしてしまった。


campus-2.jpg CAL-hall.jpg

「ほら、このあたりがCalifornia大学BERKELEY校

と言われて周りを見渡すと校舎らしきものが、
あっちにもこっちにも林立し、小さな家が間にたくさん見られた。

よく見ると小さな家の玄関上には、なにやらギリシャ文字が書かれていて、
とっさに映画のアニマルハウスを思い出した私は、
思わず「アニマルハウスみたい!!」と叫んでいた。

するとメルセデスを運転していたYokoさんのご主人Jimさんが(UCバークレー校出身)
「そう!これがアニマル・ハウス」と笑って言った。


そうか、ジョン・ベルーシの傑作映画の中だけかと思いきや、
大学の生徒が住むこの小さな家は本当にアニマル・ハウスと言うんだね・・・


CAL-campus.jpg animalhouse.jpg


アニマル達がウロウロしている界隈を通りながら、
「大学生協って誰でも入れるんですか?」と聞くと、
すぐ「行ってみる?」と車を回して大学構内へ。

さすが卒業生!迷うことなく一直線に生協の下の駐車場へ。

ホンマモノの大学生協、しかもUCのですよ!

これは70年代に「UCLA」流行りを経験した私にとっては興奮モノでした。

バークレー校のシンボルゴールデンベアのついたZippoを旦那へのお土産に、
自分にはUCバークレーのTシャツをお土産にホクホクでした。

それからダウンタウンへ出てMexican Foodのブリトーのテイクアウト。
これがまたでかい!中山きんに君の腕くらいあるので2種類買って、3人でシェアすることにしました。

日本ではあまり食べられないナチョ・チーズ(Nacho cheese)も見つけて、
買ってもらいました。(ビーバス&バットヘッドか?)

vicente.jpg

私は“タコ”や“トルティーアもの”が大好き。
家でも“タコ・シェル”は出来上がりを買ってきては
野菜やチリソースのようなものをのっけて食べるんですが、
トルティーアは出来上がりものがない。

今度は強力粉を買って家でも作ってみるぞーー!

(先日KFCで食べた“マンゴソースのトルティーア”
(商品名忘れた)がとても美味しかったので、
ますます我が家のトルティーア人気が高まりつつあります)




たそがれの夕凪の中、カーテンのないYoko邸で、
私だけビールをもらって(どんな贅沢モノなんだー!?)
メキシコ料理に舌鼓を打ちましたが・・・

「オーナロさんて、アメリカの料理何でもOKですね?」
と言われ、
意外に日本から来た人は食べ物がダメっていう人が
たくさんいるらしい、ということを聞かされた。


そうですか・・・考えもしなかったな。

burito.jpg


最初に来たのが15歳の食べ盛りで、
しかも寮のカフェテリアでの食事に、
何の気構えもなくフツーに馴染んだ気がする。

そんなにアメリカは食べ物ダメですかね?

私はPork&Beans(焼いたポークに煮た豆を乗っけてるヤツ(マズイよね、つーかおいしいこれを食べたことがない、あれば持ってきて〜)
以外はたいていOKです。

と、いうわけで当時はあっという間に10Kg太りました(笑)

外食もファーストフードもよく食べたけど、
アメリカの量の多さにビックリしたのは最初だけで・・・
すぐ順応しちゃうんだな。これが。

というわけで何を食べても「美味しい」のはひとつの才能か?
と自己肯定しつつ、ここでも食事をたっぷりと楽しみ、
アルコールも程よく回って涼しい夜の風に心地よく眠ったのでした。

(よく活動した一日でした)







posted by オーナロ at 00:00| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 土佐和紙アメリカ出品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24924025
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック