2011年10月03日

とさあるく、いよいよ始動か?

土佐市の町あるき「とさあるく」



土佐和紙のLadyRisaで和紙の小物作り体験ができる、
というイベントも予定されている「とさあるく」

いよいよ本格的な活動開始に向けて、高知県土佐市の職員、市議会議員、
ホテルのコンシェルジュを相手に模擬ガイドが行われました。

LadyRisaでの小物作り体験は、いま「てんこす」でも人気を博している「つづれ折お箸袋」



IMG_2619.jpg


販売されている「つづれ折箸」は龍馬や慎太郎、乙女ねえやんなど
幕末のさまざまな人物にあわせた衣裳のように箸袋が着せられています。

幕末ファンにはたまらない一品ですね。

この商品は嶺北木材を使ってつくった高級割り箸です、お問合せは、ばうむ合同会社まで




この着物のようになった箸袋、なかなか難しそうですし、紙もたくさん要りそう・・・

ところがココロクルムの田原さん考案の折り方では、わずかA5サイズがあれば
基本の着物姿ができるようですよ。



IMG_4457.jpg

中央が指導者:ココロクルムの田原あけみさん

(つづれ折お箸袋の指導についてのお問合せは、LadyRisaへどうぞ)


市の職員さんや議員さんも、なにやら神妙な面持ちで説明を聞いています。


IMG_9256.jpg


「はいはい、こうやって・・・こう折りますか?」

「まぁ、アンタ上手やねぇ」

「いや!こじゃんと肩幅が広い女の人になってしもうた!」

など、とてもにぎやかにレッスンを受けるみなさんです(笑)



IMG_4990.jpg


できあがったら全員で「ハイ、ポーズ!」何故だか男性陣のほうが圧倒的にうれしそう。


とさあるく、いよいよ始動ですね!


土佐市高岡町の町あるき「とさあるく」は、ほかにも

地元の和菓子屋さんを訪ねたり(試食もあるらしい!!)、

なんとめずらしい「玉子屋さん」を訪問してたまごの選別をみせていただいたり、

和紙工場で和紙ができるまでの工程を見学したり、

高岡で最も古い喫茶店のひとつ「キューバ」で
昭和の香り漂う雰囲気の中、おいしい珈琲を愉しむ、

などという様々なお楽しみがあるようです。



みなさんも一度は土佐市高岡の町あるき「とさあるく」へいらっしゃ
~い!!







posted by オーナロ at 09:00| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。