2011年08月29日

母なる清流ー仁淀川、そして鏡川

夏休み最後の日曜日。

高知市周辺の清流を訪ねてドライブしてきました。

まずは高知市内を流れる鏡川ー龍馬も泳いだと言われる有名な川です。

kagami1.jpg

県庁所在地の中心を流れる川ですが、市街地から10分ほど山あいにはいると
驚くような静けさで、鮎釣りやキャンプの人たちを多く見かける美しい川です。

鏡川ーその名前の通り鏡のような光り輝く川面。



つぎに先日NHKでも放送された水質日本一と言われるに淀川(によどがわ)

niyodo1.jpg

ほんとうにキレイで透き通る水。
川魚が泳いでいるのも手に取るように分かります。

niyodo3.jpg

こちらも高知市内から20分ほどで泳いだり、網をうち、釣りをする人たちを多く見かける
高知県中部の人たちの絶好の遊びの場。この日は河岸で花火がありとても沢山の人たちが遊んでいました。

niyodo2.jpg

その源流は四国一高い石鎚山系から、土佐市と高知市の境で海に出るまで、
生活と遊びと、そして川の恵みがいっぱいの川でもあります。

niyodo4.jpg

土佐和紙の産地もこの川の中下流域にあり、
仁淀川の豊富で清らかな伏流水などを使って作られています。


今日のドライブは、いの町から吾北、仁淀川町から越知町、佐川町、日高村
そしていの町へとぐるりと中流域を廻ってきました。

ayu1.jpg

途中越知町の駅で鮎の一日干し(5匹入り600円)を買い求め、晩酌の肴に。

ぜいたくな川の幸をたっぷりと堪能いたしました。

わが町の清流、仁淀川と鏡川。いずれも高知の宝です。




posted by オーナロ at 15:03| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。