2010年08月15日

幡多のグルメ三昧

幡多のドライブ日記の続きです。

幡多のおいしいもの三昧、幡多グルメのご紹介です。

hata-8.JPG

ごぞんじ四万十川が雄大に流れる幡多地方。
これはおそらくとなりの宿毛市を流れる松田川の天然鮎。
今年は天候不順で鮎の食糧となるコケが育たなかったらしく、
少々小ぶりですが、やはり天然の風味。

かぐわしい「キュウリ」のような香りが夏らしい逸品です。

hata-9.JPG  hata-10.JPG

おなじく川の幸、手長えび。

もちろん天然もので「小さな車えび」くらいはある大物です。
小さなものはから揚げにして美味しいですが、これくらいの大きさだと塩茹でにしてビールのつまみに。
非常においしいです。

hata-6.JPG  hata-7.JPG

次は海の幸「たかにし貝」と聞きましたが、本当の名前は???
大きさは玉子くらいありまして、塩茹でにすると身が取り出しにくいのですが、
幡多地方出身の夫は、両手にこの貝を持ち、片側の貝のテッペンの尖った部分で、
貝のカラに穴をあけ、そこから楊枝を挿してうまく身を取り出します。

いよっ!名人芸!!

身も大きく食べ甲斐があり、相当美味しいです。
このクラスの大きさのものはめったに手に入らないと聞きました。
高知ではあまり見られない種類ですので、自然に恵まれた幡多ならではのグルメです。



posted by オーナロ at 00:00| 高知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 食欲の舘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
嗚呼 無性に実家に帰りたくなりました(笑)
「たかにし貝」、うちでは「たかっと」と呼んでました。
「亀の手」や「ニガニシ」が恋しい(泣)
Posted by 土佐市商工会 at 2010年10月07日 15:24
「たかにし貝」は「たかっと」って言うんですか???

キレイな海にしかいなくて、今ではなかなか貴重な貝らしいですね。
美味しいですが、岩場で踏んだら相当痛いでしょうねぇ。


「にがにし」も一緒に食べましたよ〜。
あの苦さが大人好みでいいんです、ビールにも合うし。

「亀の手」は幡多とか広島のあたりで食べると聞きました。
高知では食べないので、その辺の岩場にどっさりくっついていますよ。
幡多の人が見ると「何で採らんが〜?」と訊かれるでしょうね。

私は、この「亀の手」と「ふか(鮫)の湯引き」だけは、
幡多に住んでいる時にも何故だか食べられなくて・・・
イメージの問題でしょうかね?
もちろんウチの子ども達はガッツリ行きますよ。

室戸に住んでいるときは、イルカ(小さい鯨かも?)とか、
マンボウとか美味しいよ、と聞きました。

結局私は食べられなかったですが(笑)


食は文化ですから、いい悪いはないですものね〜。
山の幸も海の幸も、ひと山越えて、ひと浦越えると違いますよね。

同じ高知県でも食べる?食べない?色々あって面白いですね。
その多様さが「豊か」ということなのでしょうね。


Posted by 店長オーナロ at 2010年10月07日 16:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160012195
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック