2010年08月15日

幡多ドライブ

高知県西部の幡多地方。

四万十町をすぎたあたりから足摺岬・四万十川中流〜河口を含む、
愛媛県境までの一帯をこう呼びます。

同じ高知県でも言葉も、アクセントも、食事の味付けもまったく違う異文化圏。
自然もいっぱい、人もゆったり、まだまだ私たちの知らないモノやコトがいっぱいのパラダイス。

高知から車で片道約3時間の旅を、1日掛けて楽しみました。


hata-2.JPG  hata-1.JPG 

高知市から高速須崎西ICを経て約2時間、道の駅「ビオスおおがた」は、海岸が長く美しく、
関西からもたくさんのサーファーが来られます。
この日も駐車場はいっぱいでしたが、幡多地方のお土産はほとんど揃います。

新しい名物は「カツオたたきバーガー」か?手作りアイスも美味しいですよ。
土佐清水市アリガ谷の「小夏と黒こしょうのマーマレード」は、大人の味でGOOD!


大きな地図で見る


hata-5.JPG hata-3.JPG

幡多はもともと「波多」だったという話もあります。
ずっと海岸線がつづくので、道の駅に着くたびに「くらげすくい」を見かけます。
「くらげ」飼ってみたいなぁ。

店先においた壺には、ホテイアオイがキレイな花を咲かせていました。
 
hata-4.JPG

道の駅「すくもサニーサイドパーク」のとある店先で昼寝中のネコ。
堂々としたものです。客が来てもびくともしない。



大きな地図で見る


IMG_1084.JPG  IMG_1086.JPG

道の駅土佐清水「めじかの里」には、手作りの人形達がそこここに・・・ちょっと夕暮れは怖いかも。

「オードリー春日」って(笑)ベスト着てたらいいってもんじゃ・・・確かにみんな知ってるけど。
本人が見たらなんというかなぁ。


大きな地図で見る

家に帰り着いたらすっかり夜になっていました。
楽しい幡多パラダイスの旅でした。 高知にいらしたらちょっと足を伸ばしてみませんか。
タグ:高知県 幡多
posted by オーナロ at 00:00| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160010929
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック