2010年01月19日

店長オーナロの勝手に土佐弁講座 第2回

好評につき(←誰に??)第2回始まります!

言葉:こんまい・こまい

意味:小さい

<使い方>

おまん、しょう こんまいことに こだわるにゃあ

<アクセント>
お ま ん、
→ → ↓

し ょ う
→ −

こ ん ま い こ と に
→ ↓ → → → → →

こ だ わ る に ゃ あ
→ → → → ↑ ー

<意味>

あなたは、本当に小さいことにこだわるのですね



友人の悩みにこうアドバイスすると、実に龍馬っぽいですね。

ただしこの言い方は男ことば。

女の人なら、

「あんた(おまん)、しょう、 こんまいことにこだわるねぇ」もしくは
「あんた(おまん)、まっこと、こんまいことにこだわるちや」とか。

この応用編は、次回に。

土佐弁ではなく土佐和紙のお問合せは土佐和紙のLadyRisaよりどうぞ。


ラベル:土佐弁
posted by オーナロ at 09:00| 高知 | Comment(4) | TrackBack(0) | 土佐弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
幡多県民の私は「しょう」の意味がわかりませんでした。
今でも「?」と思う言葉が沢山あります(汗)
Posted by 土佐市商工会 at 2010年01月22日 11:31
「しょう、めった」=とても困った

はとても登場回数の多い土佐弁ですね。

幡多弁では私も?と思う言葉がありますよ。

たとえば
「〜するまい?」=もう〜しませんよね?
の意味だと思うんですが、
「〜するまい」=もう二度としない
と思っていました(汗)


Posted by 店長オーナロ at 2010年01月22日 14:48
「〜するまい?」
初めて聞きました(汗)
中村と宿毛でも多少違うらしいですし、また愛媛との県境の山北あたりでは私でもあきらかに違いのわかる伊予言葉です。
横に広い高知ではそれぞれ土地柄によって言葉も違ってくるんですね。

Posted by 土佐市商工会 at 2010年01月22日 16:37
あ、そうですか(汗)

幡多弁はエリアごとに違うのですね〜。
まぁ香川県と幡多地域だけで同じくらいの面積があるそうですから、そりゃ、そうですよね。

語尾も「〜しちょう」「〜しよう」「〜しよる」など色々ありますよね。土佐清水辺りではよく「〜しちょう」を聞いたような気がします。

高知あたりでは「〜しちゅう」ですが。

高知県は広いですね。
Posted by 店長オーナロ at 2010年01月22日 17:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。